読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

チームちびクマ便り

白くて小さなテディベア「ちびクマ」とそこに集まるテディベア達、そして熊好きの「のぶクマ」がお届けする「チームちびクマ」にようこそ。

登別クマ牧場のお気に入りの熊~テツロウ編(1)~

ヒグマ

熊・テディベア&アニマル Advent Calendar 2014の2日目です。

登別クマ牧場で展示されているヒグマのうち、雄熊と雌熊でそれぞれ気に入っている熊がいます。今回は、一番の好きな雄熊のテツロウを紹介します。

テツロウ

テツロウは9歳の雄のヒグマです。特徴は胸のくっきりとした白斑と、雄熊で唯一お立ち台と呼ばれる木製のやぐらに上るという点です。

f:id:kumar:20151018213118p:plain

第一牧場に展示している10頭ほどの雄熊の中でも、胸にある白斑はひときわ目立ちます。子熊のときにある白斑は通常は大人になるうちに消えるのですが、テツロウはまだ残っています。この先、歳を取る過程で消えてしまうのかもしれませんが、チャームポイントでもあるので消えてほしくないですね。

f:id:kumar:20151018213123p:plain

また、テツロウの紹介プレートにあるようにお立ち台に登る唯一の熊でもあるのですが、そこでのテツロウの荒々しいおやつアピールのしぐさにも惹かれました。紹介プレートには胸の前で手を合わせるお祈りのようなしぐさをするとあったのですが、私が見た限りでは別のしぐさをすることが多かったです。

テツロウがなぜ10頭ほどいる雄熊のなかで一番のお気に入りなのかは、この白斑とお立ち台でのしぐさに加えて、顔立ちが整っているイケメン(熊なのでイケグマ?)だからかもしれません。最近は大人になってきて顔つきも変わってきましたが、それでも自分のヒグマの理想のヒグマの顔立ちに一番近いですね。その凛々しさと可愛らしさが混じった顔はずっと見ていて飽きません。

テツロウのお立ち台でのおやつアピールについては、次回に紹介します。